So-net無料ブログ作成
検索選択

サッカー日本代表完敗で危機感 [サッカー日本代表]

スポンサーリンク




  30日豊田スタジアムで行われたキリンチャレンジカップ2013                            日本対ブルガリアで日本は2-0の完敗をきした。
  この試合ではワールドカップ最終予選の予行練習としていたので                           この負けが今後の試合にも響きそうだ。 

 この日日本代表は普段あまりうまくいっていない                                     3-4-3のフォーメンションをとった。
 
 もちろん監督の中ではいろんな攻撃を試したかったのだろう。

 しかし開始4分のことだった。

 フリーキックを得たブルガリア代表のシュートが                                      日本のゴールネットを揺らした。

 それは誰が見ても、揺れているいわゆるブレシュートだった。 

 

 本田が欠場している今回、逆に本田が得意のようなフリーキックを決められてしまった。

 これは雨が降っていたせいもあって                                             川島選手もパンチングするのがやっとだっただろう。

 ここで流れが一気にブルガリアにいったのは言うまでもない。

 何かが日本代表にかけているような気がした。  

 ワールドカップが手中に入っていると気が抜けているのだろうか?

監督はそれが1番気がかりだと話している。

 結局試合は、後半キャプテン長谷部のオウンゴールもあり                               2-0で完敗した。 

 もちろん日本代表の調子が悪かったなんて                                        言い訳のできる試合ではなかった。

 選手は一様に暗い顔をしてピッチを去ったが、                                      インタビュー中かなりの選手が危機感を示していた。

 次は本戦であるワールドカップ予選が6月4日に行われる。 

 このときまでに今回の課題点を修復できるかは                                      きわめて疑問な状態だ。


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。